ファスティングはリバウンドするのか??

ファスティングを行うと、リバウンドしにくいと言われています。

ファスティングを行うとどうしてリバウンドしないの?

ファスティングというのは断食の事です。

断食をすることで、今まで食べていた食事をしない
という意味では、カロリーを抑える事が出来、
強制的に脂肪を燃焼させることも出来るのでダイエットに繋がります。

また、ファスティングを行う事で今までの自分の食生活を
見直す良いきっかけにもなり、ダイエットに繋がるとも言えます。

ファスティングによって胃も小さくなります。
暴飲暴食してしまっていた行為を改められるきっかけ作りが出来ます。

食事の代わりに水や水分で栄養補給をするため
内臓を休ませて体調改善にもなりますし、デトックス効果によって
腸内も綺麗にすることも出来ます。

ファスティングはもともと宗教的な行為のため
精神的にも鍛えられそうです。

ただ、ファスティング中にも栄養素をきちんと補給しないと
リバウンドや体調不良など
逆効果を生む場合もあるので注意が必要です。

ファスティングでリバウンドしないためには?

ファスティングでリバウンドをしないためには
ファスティング中の飲み物やファスティング終了後の食事に
ポイントがあります。

ダイエットが失敗する原因の1番はリバウンドです。
そもそも、リバウンドをする原因は
無理な食事制限による栄養不足からです。

単に食べないダイエットは身体に栄養が入ってこないために
食べた途端に体は栄養素を思いっきり吸収してしまいます。

体は、エネルギー源である脂肪や糖分を蓄積させます。
これがリバウンドなんですね。

ファスティング中にきちんと栄養素を体に取り込んでいれば
体は満たされている状態であり、
食べてもリバウンドはしないという訳です。

ファスティング中は栄養素をしっかり取り込むことで
リバウンドを防ぐことが出来ます。

そして、ファスティングが終わったからと言っていきなり
好きなものを好きなだけ食べていては
やっぱり、リバウンドに繋がります。

ファスティング終了時直後の食事は
内臓をゆっくり回復させるという意味でも
脂肪や糖分の多い食事は避けましょう。

和食中心の食事を心がけて、腹八分目も大切です。

ファスティングはリバウンドするのか?

ファスティング中は水分補給と栄養素に気をつける事で
デトックス効果も生まれ代謝も良くなり
リバウンドをしにくい体質に変わるでしょう。

ただし、ファスティング後の食事の内容と量にも気を付けて下さい。

そして、定期的にファスティングを行う事が
体重維持と健康管理により効果を発揮させます。

タグ

ファスティングダイエットの仕方は?

ファスティングを活用したダイエットが流行しています。

ファスティング時に必要な栄養素が摂取できる
酵素ドリンクを使った置き換えダイエットです。

半日ファスティング、1日~3日のファスティング、長期のファスティング
とやり方も様々です。

ファスティングダイエットを行う場合には
どのやり方でも、体調を整えてから行うことをおすすめします。

ファスティングは、病気の予防や体力改善にも良い
健康療法でもありますが、間違った知識ややり方では
症状が悪化する、体調を崩すなどのトラブルを招きます。

持病のある方や風邪気味の方、薬を服用されている方は
医師に相談の上ファスティングダイエットを行ってください。

また、女性の場合は生理中のファスティングも避けましょう。
生理中のダイエットは痩せにくいとも言われています。

生理前1週間から終了期までは身体が水分を閉じ込めやすい
状態になっています。
そのため代謝も落ちるのでダイエット効果が得られにくいのです。

さらに、ホルモンのバランスが乱れる期間でもあるため、イライラしやすく
暴飲暴食に繋がる可能性もあります。

そして、何と言っても生理終了時から10日間が痩せ期になりますので
そのタイミングにファスティングを行う事でより効果を上げることが出来るでしょう。

ファスティングダイエットの仕方について

・半日ファスティング
朝食を酵素ドリンクもしくは野菜ジュースに置き換える
15時間の固形物の摂取を避けて水分のみを補給するやり方です。
朝だけでなく、夜食や昼食を置き換えてもいいでしょう。
とにかく、15時間あけて食事をするといった方法です。

・1日から3日のファスティング
1日3食、もしくは3日3食を酵素ドリンクや
野菜ジュースに置き換えるダイエット方法です。

また、1日2食を置き換えるファスティング方法もあります。

やはり、丸1日24時間、48時間ファスティングを行う事で
効果はかなり実感できるようですが、
無理は禁物です。

それは、リバウンドの危険性も大いにあるからです。

ファスティング終了時の翌日はおかゆや汁もの、ヨーグルトなど
にしてゆっくり胃や腸を回復させましょう。

ファスティング終了後1週間は“ごまわやさしい”
を意識して和食中心の食生活と
暴飲暴食を避けることをおすすめします。

これは、リバウンド防止だけでなく、ファスティングによって
働きを休止していた内臓への負担の軽減にもつながります。

そして、ファスティングダイエットは、
定期的に行う事でより効果を持続させ、
理想のボディーに近づける事が出来ます。

タグ

ファスティングでダイエット出来るのか??

ファスティングとは断食です。

断食をするという事は食事を無いという事。
ですからダイエットが出来るのは当然ですね。

この理由は単純に、普段摂り過ぎてきるカロリーを摂取しないという事で
ダイエットにはつながります。

ただ、ファスティングを行う場合には正しい知識と
方法で取り組まないと、結果的にリバウンドをしてしまったり、
頭痛や倦怠感を引き起こすなど体に悪影響も生じます。

ファスティングを行う場合には特に
栄養素ややり方など知識を付けて行う方が
よりダイエット効果を生み出します。

もともと、ファスティングは一種の健康法です。
ダイエットというよりは体内の毒を出すといった
考え方が基本になります。

その効果からダイエットに繋がるのです。

どのようにすれば、ファスティングによって綺麗にダイエットできるの?

準備期間やファスティング期間中、ファスティング終了時が
ダイエット成功のカギとなります。

・ファスティングを行う前の準備期間
ファスティング開始日より1週間、
遅くても3日前には食事の内容を変えましょう。
油、肉、飲酒は避けて和食中心の食事に切り替えます。

・ファスティング期間中
固形物は食べない、飲酒や間食をしない
しっかり水分と栄養素を補給して
大量の汗をかくような運動も避けましょう。

・ファスティング終了時
ダイエットを成功できるかどうかは
このファスティング終了時にかかっています。
ファスティングが終了したからと言って
途端に油や飲酒、肉類を食べるとリバウンドの原因になります。
ファスティングが終わった初日の朝はおかゆやヨーグルトを食べるなど
胃や腸を回復させていくための食事をすることが大切です。

そして、その後も1週間程度は、
準備期間同様に和食中心の食事を心がけましょう。

和食中心食事には「ま・ご・わ・や・さ・し・い」
を心がける事が理想的です。

・ま=大豆、豆類
・ご=ゴマ
・わ=ワカメ(海藻類)
・や=野菜
・さ=魚
・し=しいたけ(きのこ類)
・い=イモ類

このように、ファスティングによってダイエット成功に導くには
ファスティング終了時が一番大切です。

ファスティングによって働きを休止した
内臓や腸をゆっくり回復させることを心がけた食事を行いましょう。

こうした食事を1週間でも続ける事が、継続的に新陳代謝をアップさせ
ダイエット効果を得る大きなポイントとなるでしょう。

基本的にファスティングはリバウンドがしにくいダイエット方法ですが、
ファスティング終了後の、糖質脂質の大量摂取は脂肪として蓄積されていきます。

食事の内容や量にも気を付けて成果をキープしていきましょう。

タグ

このページの先頭へ