ファスティングダイエットの仕方は?

ファスティングを活用したダイエットが流行しています。

ファスティング時に必要な栄養素が摂取できる
酵素ドリンクを使った置き換えダイエットです。

半日ファスティング、1日~3日のファスティング、長期のファスティング
とやり方も様々です。

ファスティングダイエットを行う場合には
どのやり方でも、体調を整えてから行うことをおすすめします。

ファスティングは、病気の予防や体力改善にも良い
健康療法でもありますが、間違った知識ややり方では
症状が悪化する、体調を崩すなどのトラブルを招きます。

持病のある方や風邪気味の方、薬を服用されている方は
医師に相談の上ファスティングダイエットを行ってください。

また、女性の場合は生理中のファスティングも避けましょう。
生理中のダイエットは痩せにくいとも言われています。

生理前1週間から終了期までは身体が水分を閉じ込めやすい
状態になっています。
そのため代謝も落ちるのでダイエット効果が得られにくいのです。

さらに、ホルモンのバランスが乱れる期間でもあるため、イライラしやすく
暴飲暴食に繋がる可能性もあります。

そして、何と言っても生理終了時から10日間が痩せ期になりますので
そのタイミングにファスティングを行う事でより効果を上げることが出来るでしょう。

ファスティングダイエットの仕方について

・半日ファスティング
朝食を酵素ドリンクもしくは野菜ジュースに置き換える
15時間の固形物の摂取を避けて水分のみを補給するやり方です。
朝だけでなく、夜食や昼食を置き換えてもいいでしょう。
とにかく、15時間あけて食事をするといった方法です。

・1日から3日のファスティング
1日3食、もしくは3日3食を酵素ドリンクや
野菜ジュースに置き換えるダイエット方法です。

また、1日2食を置き換えるファスティング方法もあります。

やはり、丸1日24時間、48時間ファスティングを行う事で
効果はかなり実感できるようですが、
無理は禁物です。

それは、リバウンドの危険性も大いにあるからです。

ファスティング終了時の翌日はおかゆや汁もの、ヨーグルトなど
にしてゆっくり胃や腸を回復させましょう。

ファスティング終了後1週間は“ごまわやさしい”
を意識して和食中心の食生活と
暴飲暴食を避けることをおすすめします。

これは、リバウンド防止だけでなく、ファスティングによって
働きを休止していた内臓への負担の軽減にもつながります。

そして、ファスティングダイエットは、
定期的に行う事でより効果を持続させ、
理想のボディーに近づける事が出来ます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ