ファスティングをすると眠くなる??

ファスティングを終了した多くの方は
ダイエット効果の他に、体調回復、肌荒れの解消や
体の中からスッキリしたなどといった
体の変化を感じる方がほとんどです。

栄養素を摂取しながら断食をしたことの結果
こうした体に良い効果が得られます。

では、ファスティングを行っている最中の
体の変化はどのように感じてくるのでしょうか。

ファスティング最中の体の変化についてご紹介していきます。

ファスティング中の体の変化とは?

ファスティングの最中には、多くの方に下痢の症状が出ます。
これはデトックス効果によるものなので特に問題がないと言えます。

体内に溜まっている毒素を排出したり、腸内の宿便の排出による
物が下痢症状となって出るのです。

そのため、脱水症状にならないようにしっかり水分を補給したり、
大量に汗をかくような激しい運動や岩盤浴などは
避けた方が良いでしょう。

また、ファスティング中に出る体の異変として眠いという症状が出ます。
眠いといった症状ともに、だるさも感じる方もいらっしゃいます。

ファスティングを経験された方の多くはファスティングが終わると
“体がすっきりして体調が良くなった”
といわれますが、この眠いという症状は身体がすっきりする前の
段階だと言えるでしょう。

眠い、だるいといった症状についても、体質の環境の“変化の表れ”
という症状になるため、特に問題はないでしょう。

眠いだるいといった症状は、体質改善までの“経過”
ですので、何とか乗り切りましょう。

眠い、だるいの解消法とは?

仕事が忙しい方の場合は、ファスティングを行うのは
仕事に差支えの無い土日などを利用する方がいいかもしれません。

さらに、炭酸水を飲んだり、野菜や果物ジュースを飲む
酵素ドリンクを飲んでみる、軽いストレッチや軽いウォーキング
などを行い、上手に気分転換をしてみましょう。

ファスティング中の下痢、眠気、だるさの症状が
出る可能性が高いです。

その症状がどうしても辛く、ストレスだと感じてしまっては、
それこそ、逆効果を生んでしまう原因になります。

こういったストレスによって挫折してしまったり、
暴飲暴食してしまったり。

ファスティングは、体の中から健康的になるための療法です。

ファスティング最中に出る体の変化自体が、負担になる、
ストレスにならないよう、
ゆったり過ごせる土日であったり、
辛い時には寝て過ごせるような日を選んで行うなど、
時間と心にゆとりのある日にちを選んで行ってみましょう。

タグ

このページの先頭へ